「理想と現実と理不尽」と「手段と目的」

・理想は絶対に必要で、理想どおりであれば一番良し
・現実は理想どおりに行かないことが多い
・現実の改善を理想に妨げられてはいけない

・目的は最優先
・手段は過程

要は「手段」と「目的」を間違えなければ良いだけです。

理想の手段 (完璧な仕事) と、日常的な目的 (利潤の獲得) は
目的が完全に優先される訳で

「手段」は「目的が達成されるのであれば、どれだけ適当だっていいんです。」

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。