目的と手段を間違えている人が多すぎる件

目的と手段を履き違えている人が多すぎる (7割位) ので

原則を書きます。

目的は、(自分が)欲するものです。
手段は、目的を達成する為の方法です。


仕事をしていると、目的だと思っていたことが手段であることがよくあるので、気をつけてください。

 ①仕事自体をしている目的 = お金を稼いで幸せになりたい→幸せになるのが最終目的
 ②お金を稼ぐ為に(=手段) 会社の収益を上げる
 ③会社の収益を上げるために(=手段) 製品等の品質を上げる
 ④品質を上げるために(=手段) 改善対策を実施する

当たり前ですが①~④ から 上位の目的ほど優先されるので、前後関係はしっかり考える必要があります。

ここでよくありがちなのが
 ④品質を上げる手段の改善対策にコストを掛けすぎて ②会社の収益を圧迫することです。

 そもそも手段は目的を達成しなければ意味がないので
 「理想のように思える迷惑」を手段に取り入れ損益を導かないように!

 政治や正義感に苛まされている方が特に陥っている傾向にあります。
 真面目な方ほどはまるのでとても迷惑です。

 管理職クラスの話で言うと「進捗管理」に掛けているコストと目的位は把握してください。
  ・リスクヘッジであり増収益には結びつかないこと
  ・サボると多大な損益になりかねないこと
  →極力コストを掛けずに、進捗状況を把握するのが正解です。
スポンサーサイト