親と子供の関係と、優秀な人材の比率

親が一流の場合、子も一流の可能性が高いです。
 多分3割以下位の高確率
 →大分お金掛けて育ててますからね

親が世間的に年収が低くても、家庭が荒れてても、一流になる子供が居ます。
 この場合は1割以下くらい。
 →救われることも無いので、大抵本人が勝手に学びます。

これ以降の差は本人次第です。

学歴とか、テストの成績とか、大した指標にもならないのが現実です。
必要なのは努力ではなく、論理的思考能力と瞬発力です。

もはや家庭状況は関係ないので、役割/実力/才能/生産性(効率)を広範囲で考えてみてください。


私が思うのは単純に優秀であるかどうかなので
 ・現職で決まるわけではないです。
 ・役職でもないです。
 ・年収でもないです。

下記能力が高い人口比率で2割以下の話です。
 ・非常に困難な事象を最善の方法で処理する能力
 ・単調な業務を無難にこなす能力
 ・部下に不満を持たせない能力
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。