HIFLY 格安タイヤに変えてみました!

7人家族なのでプレサージュというミニバンに乗ってます。
車体が大きいせいか、タイヤ交換費用が高いので、超格安の中国産タイヤにしてみました。

■先に感想:
 意外と良かったです。 欧州では中国産が安いのでシェアを拡大しているようです。
 交換時期(多分3年後位)まで問題なければ、次も格安タイヤで行きます。

■交換費用について
 →この季節ですが雪がほぼ降らないので、スタッドレスではなくて、夏タイヤです。

交換前のタイヤ: ファイアストン FR10 215/65R16 98S アマゾン価格(送料込み) 4本 45500円

   他のタイヤ: ヨコハマ BluEarth RV-02 215/65R16 98H (同アマゾン) 4本 39596円

交換後のタイヤ: HIFLY HF201 215/65R16 98H AUTOWAY LOOPさんで購入 (送料代引き/手数料込み) 4本 19208円

交換工賃: セルフガソリンスタンド の持ち込みタイヤ交換可の所で バルブ交換/廃タイヤ処理費用込み 4本 8316円
 →どのメーカーでもサイズは同じなので同一

■合計金額
 HIFLY  27524円  
 ファイヤストン 53836円 (約2倍)
ヨコハマタイヤ 47912円

■乗り心地:
 ロードノイズも交換前よりは新品なので静かですし、急ハンドル切ってもタイヤが鳴ることも無く、問題ないですね。
 ヨーロッパや、アメリカの品質規格に合格してるので、3~4年くらいで硬くなる前に交換するのであればコスパは良さそうです。

■おススメできるケース
 ・タイヤの限界状態が判る人
 ・タイヤが鳴っても、滑ったとしても大丈夫な人
 ・安全運転で、雨の日はスピードを出さない人
 ・多少のリスクがあったとしても、安さが一番の人

■おススメしないケース
 ・雨の日でも気にせずスピードを出す人
 ・運転に自信が無い人
 ・安値に冒険する必要が無い人
 ・中国産は心配な人
 ・大事な奥さん/旦那さんがよく使う人 (うちの嫁は超安全運転で高速も乗らない人なので・・・)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。