スーパーπを試してみた!

こんにちわーん♪

前回のオーバークロックの続きで

スーパーπを試してみました!

続きはこちら

ベンチマークのソフトは色々ありますが

お手軽・明解・有名な
「スーパーπ」を試してみましたb

スーパーπランキングがあるので
(各自CPUクロックやPC構成をを記載して自己申告)

他のCPUとの比較も簡単に出来て結構便利です~

では早速行ってみましょう!

ランキングの標準は419万桁らしいのでこれで調査

Core i3 530 3409MHzの結果は~

i3ぱい結果

1分8秒!

おお!

基準がわからないので
速いのか遅いのかさっぱりわかりませんw

この数値をランキングに乗せてみると

paiランキングOC版
(最近のCPUやちょっと前のヘビーなオーバークロックCPUがたくさん)

115番でーす!

うん、これでも定格の状態からどれだけ変わったか判らないので
定格の2.93GHzでも調査!

定格はこちら!

paiランキング定格版


196番の1分19秒!

2.93GHz→3.4GHzへ

OCの効果は
79秒→68秒

綺麗にクロック周波数と比例して
16%のスペックUP♪

でもこの程度のOCだとメリットなさそうなので
このまま定格でいいやw

せっかくなので
子供用マシーンのpen4の性能もチェックしてみました!

paiペン4版
(時代を感じるCPUがたくさんwww)

1198番の4分24秒でーす!

これはやばいwwww

どうりで子供がゲームをしていると、重そうに見える訳ですね~

pentium4はやっぱり限界だ・・・。

Celeron E3400あたりと交換しようかなw
(E3400の2.6GHzで2分25秒、3.6GHzにOCして1分37秒らしいです)

このテストって(ほぼ)シングルコア使用の性能測定だから

Pentium4とCeleronE3400って実質3倍~5倍位の性能差があるような・・・。

ネットを見る位だったら問題ないんですけどね~
ゲームでカクカクするのはイヤ~><
(子供のPCだから自分では使わないんだけどねw)

ヘルゲートだったらPen4→E3400で快適になるはず!?

来月の給料日が来たら交換してみよっと~♪
(費用約8000円)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。